2008年11月08日

 苦手なフランス語の聞き取りに変化の兆し



 苦手なフランス語の聞き取りに、変化のときが訪れたのかも知れません。

 きょうの Le fait du jour は、オバマ氏当選のニュース(Le changement est arrive)でした。

 いつものように、MP3プレイヤーに落として、通勤電車の中で聞いてみたのですが、今回は、かなりの手ごたえを感じることができました。
 
 わたしは、ことニュースに関しては、最初の出だし、リードの部分がちゃんと聞き取れるかどうかが、勝負だと思っています。
 
 というのも、リードさえちゃんと聞き取れれば、記事の概要が分かるので、その後の聞き取りが、ぐんと楽になるからです。
 
 ですから、RFIにせよ、フランス24にせよ、フランス語ニュースを聞く時は、リードの聞き取りに全神経を傾けます。
 
 今回は、そのリードが、ほぼ完全に聞き取れたのです。

 さすがに1度目というわけにはいきませんでしたが、それでも、かなり早い段階で、聞き取ることができました。
 
 ほぼ完全に、と書いたのは、mais surtout の surtout の部分だけが、何を言っているのか、最後まで聞き取れなかったからです。
 
 さらに、リード以外にも、くり返し聞いているうちに、1文が丸ごと聞き取れる箇所が、どんどん増えていきました。
 
 わたしは、これまでに、どんなに少なく見積もっても30回は、Le fait du jour にチャレンジしていますが、おそらく、その中で、今回が、もっともよく聞き取れたと思います。
 
 何よりうれしかったのは、オバマ候補の演説(フランス語訳)が、いい感じで聞き取れたことです。
 
 とくに、最後の

 le temps du changement est arrivé aux États-Unis.

 のくだりが、1発で頭にスコーンと入ってきたときは、快感でした。

 ああ、楽しい、と心から思いました。

 例の有名な「Yes we can」は、フランス語では、Oui, nous pouvons なのですね。

 そのままといえば、そのままですが、これも、聞き取れたときは、やはり、うれしかったです。

 とにかくわたしは、聞き取りにはずっと苦労してきたので、こうして、ちょっとでも聞き取れたりすると、人の数倍、喜びが大きいのです。

 12月第1週のころから、途中、休みを挟みながらも、これまで何ヶ月にもわたり、行き帰りの電車のなかで地道に聞き込んできた「フランス会話とっさのひとこと辞典」も、むだではありませんでした。

 わたしのフランス語の聞き取りにも、「変化の時が来た」のだとよいのですが・・・。

 いずれにせよ、きょう、会社へ向かう駅の階段を上る足取りの、軽かったこと、軽かったこと。

彼女はときどきフランス語と遊ぶ new










フランス語検定体験記 フランス語の学習日記
  フランス語の独学スタート   フランス語の学習法
  仏検3級・4級体験記   フランス語の例文暗記
  仏検2級体験記   フランス語の単語暗記
  仏検準1級体験記   フランス語の多読日記
  仏検1級体験記   フランス語の聞き取り・書き取り
  フランス語のよもやま話   フランス語の参考書レビュー
  フランス語の学習記録   全記事一覧
  Elle joue avec les Français de temps en temps.   キンドル(Kindle)とフランス語
  プロフィール   フランス語の参考書フランス語の参考書・問題集



30からのフランス語
彼女はときどきフランス語と遊ぶ

Feel free to link this site.

ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。