2009年01月20日

 フランス語脳になるために(3)



 先に、フランス語脳になるために(1)(2)をお読みになることをお勧めいたします。


フランダースの犬と、英語脳


 自分が英語で思考しているという事実に、初めてはっきりと気がついたのは、ある晩、半身浴をしながら、英語の本を読んでいるときでした。

 当時、フランス語と出会う以前のわたしは、大学卒業以来、ずっと放置していた英語を、30歳を迎えたのを機に、もう一度やり直そうと、ボキャビルと多読に没頭する日々を送っていました。

 ちょうどその頃は、1年間に及ぶ集中的なボキャビルが功を奏し、英検準1級の単語集を開いても知らない単語はもうほとんどない、1級の単語集でも8割がたは知っている、という状況でした。

 多読の方も、Sidney Sheldon の Master of the Game という分厚いペーパーバックを、短期間で読み切るなどして、自信をつけ始めていたころでした。

 自分の英語力はいったいどれくらいなのだろうと、客観的な指標を求めて、力試しに、準備なしで臨んだ TOEIC は 790 でした。

 たしか、学生時代に受けた時のスコアは、630 とか、660 とかそんな感じだったと記憶しています。

 ですから、30歳から再開した英語学習は、順調といえば順調でしたが、学生時代すでに 800 を越えている友人が周りにごろごろいたことを思うと、改めて彼らのすごさを思わずにはいられません。

 いずれにせよ、30歳から再開し、33歳でフランス語に出会いまた疎遠になるまでの、およそ4年間は、英語とのこうした蜜月関係が続いていました。

 そのどこかの地点で、わたしは、自分の英語脳という現象に気がついたのです。

 当時のことは、いまでも、よく覚えています。

 その日、浴槽に持ち込んだのは、 Yohan Ladder Editions シリーズの A DOG OF FLANDERS でした。

 Yohan Ladder Editions シリーズは、ご存知のように、英語学習者向けに語彙と文法を制限した、いわゆるグレイディッド・リーダーです。

 わたしは、そのころ、グレイディッド・リーダーと、一般のペーパーバックを交互に読んでいたのです。

 A DOG OF FLANDERS は、アニメでも有名なフランダースの犬をリライトした、グレイディッド・リーダーでした。

 つまり、ここで何が言いたいかというと、わたしは、その日、ごくごく易しい英語で書かれた、内容もよく知っている英語の本を、かなりの高速で読んでいた、ということです。

 ときおり、涙ぐみそうになりながら・・・。


フランス語脳になるために(1)
フランス語脳になるために(2)
フランス語脳になるために(4)

彼女はときどきフランス語と遊ぶ new










フランス語検定体験記 フランス語の学習日記
  フランス語の独学スタート   フランス語の学習法
  仏検3級・4級体験記   フランス語の例文暗記
  仏検2級体験記   フランス語の単語暗記
  仏検準1級体験記   フランス語の多読日記
  仏検1級体験記   フランス語の聞き取り・書き取り
  フランス語のよもやま話   フランス語の参考書レビュー
  フランス語の学習記録   全記事一覧
  Elle joue avec les Français de temps en temps.   キンドル(Kindle)とフランス語
  プロフィール   フランス語の参考書フランス語の参考書・問題集



30からのフランス語
彼女はときどきフランス語と遊ぶ

Feel free to link this site.

ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。