2009年01月21日

 フランス語脳になるために(4)



 先に、フランス語脳になるために(1)(2)(3)をお読みになることをお勧めいたします。


英語脳を初めて自覚した瞬間


 自分が英語で思考しているという事実に、初めてはっきりと気がついたのは、ある晩、半身浴をしながら、A DOG OF FLANDERS を読んでいるときでした。

 センター試験レベルのやさしい英語で書かれた本でしたので、まったくストレスを感じることなく、かなりの高速で読み進めていました。

 そうやって、どれくらい時間が経ったことでしょう。

 ぬるま湯とはいえ、すでに顔や二の腕からは、玉のような汗が吹き出していましたし、長い時間、せまい浴槽に同じ格好で座っていたため、足腰にも痛みが出ていましたので、かれこれ1時間は没頭していたでしょう。

 そんなときです。

 ああ、熱い、もうそろそろ出なきゃ、いま何時だろう、えっ、もう10時なの、まずい、もう読むのやめなきゃ・・・。

 ページから顔を上げ、壁にかかった時計で時間を確認するまでの、わずか数秒のあいだに、わたしは、そんな取りとめのないことを、頭の中で考えました。

 そして、次の瞬間、気づいたのです。

 たったいま頭に浮かんだ、これら一連の思考が、まったく無意識のうちに、すべて英語でなされていた、ということに。

Huu ... it's too hot, it's time to get out, well... what time is it now?
My god! It's ten o'clock, too bad. I have to stop reading.

 それだけでなく、本を閉じ、浴槽から出た後も、この脳のトランス状態はしばらく続いていました。

 シャンプーをしながら、あるいは、身体を洗いながら、頭の中で浮かんでは消えていく、とりとめのない思考が、すべて英語でなされているのです。

 本来なら、英語の本はもう読み終えたのだから、脳は、すぐにでも日本語モードに戻ってもよいはずなのに、切り替えがうまく行かないのか、これまでフル回転していた余力そのままに、英語モードのまま突っ走っているようなのです。 

 英語が次から次へ、あふれ出てくる感覚です。

Why am I still thinking in English? Why?
I don't know why, but I can't stop it.

 しかし、残念なことに、このような英語脳は、しだいに薄れていき、お風呂を出て、ドライヤーで髪を乾かすころには、すっかり元の日本語脳に戻っていました。

 おそらく、留学などで、この一過性のトランス状態が、日常的に続くことによって、人は英語が話せるようになっていくのだろうと、その時しみじみ思いました。

 さて、わたしが、これまで、フランス語脳や英語脳という比喩を用いて表現してきた、ある種の感覚は、みなさんにうまく伝えることができたでしょうか。

 感覚を言葉で説明するのは、本当にもどかしいです。

 とにかく、わたしは、フランス語においても、このような、思考じたいがフランス語になる一種のトランス状態、すなわち、フランス語脳になりたいと、切に願っているのです。

 たとえ、それが英語と同じように、一過性のものであったとしても。

 では、いったいどうしたら、フランス語脳は手に入るのでしょうか?


フランス語脳になるために(1)
フランス語脳になるために(2)
フランス語脳になるために(3)
フランス語脳になるために(5)

彼女はときどきフランス語と遊ぶ new










フランス語検定体験記 フランス語の学習日記
  フランス語の独学スタート   フランス語の学習法
  仏検3級・4級体験記   フランス語の例文暗記
  仏検2級体験記   フランス語の単語暗記
  仏検準1級体験記   フランス語の多読日記
  仏検1級体験記   フランス語の聞き取り・書き取り
  フランス語のよもやま話   フランス語の参考書レビュー
  フランス語の学習記録   全記事一覧
  Elle joue avec les Français de temps en temps.   キンドル(Kindle)とフランス語
  プロフィール   フランス語の参考書フランス語の参考書・問題集



30からのフランス語
彼女はときどきフランス語と遊ぶ

Feel free to link this site.

ブログパーツ