2009年10月19日

 キンドル(Kindle)とフランス語(6)
 カバーを購入する際の注意点



 ワイヤレス電子ブックリーダー・キンドル(Kindle)には、アダプター、クリップ型ライト、イヤホンなど、さまざまなアクセサリーがあります。

 それら数あるアクセサリーのなかでも、amazon.com で最も売れているカバーを買う際の注意点です。


 わたしも、キンドル(Kindle)は通勤電車での使用が中心になると思われるので、バックの中に入れて持ち運びをすることを考えると、画面を保護するために、やはりカバーは必要だろうと思い、購入することにしました。

 キンドル(Kindle)専用カバーには、大きく分けて、次の3つのタイプがあります。

(1)見開きタイプ

 ブックカバーのように、見開きで使用するタイプです

 写真は、amazon.com 純正の、最も売れているカバーです。
 



(2)すっぽり包むタイプ

 持ち運びの際の衝撃だけでなく、保存時のほこりや水滴から、本体を保護するのに、最も適しているタイプです。

 キンドル(Kindle)使用時は、ジッパーを開けて、中から キンドル(Kindle)を取り出し、本体を直に手に持って読むスタイルになります。



(3)スリーヴタイプ

 ジッパーの開け閉めが不要な、そのまま出し入れが出来るタイプです。

 キンドル(Kindle)使用時は、スリーブから取り出し、本体を直に手に持って読むスタイルになります。
 





 わたしは、キンドル(Kindle)本体そのものを裸で持って読むことに抵抗があったので、見開きタイプを選ぶことにしました。

 調べてみると、見開きタイプも、いろいろな種類がありました。

 最も売れているのは、amazon.com オリジナルのものでしたが、その機能性は認めつつ、しかし、色とデザインの点で、わたしの好みに合いませんでした。

 ブックカバータイプで、色とデザインの点でわたしの気に入るのは、そのほとんどが、M-Edge という会社のものでした。

 ところが、ここで問題が発生しました。

 M-Edge 製のなかから、最も気に入ったものをカートに入れて、いざ注文しようとすると、送り先を入力する段階で、この商品はその住所地には出荷できません、といったエラーが出てしまうのです。

 他の M-Edge 製のものでも確認してみましたが、ことごとく弾かれてしまいました。

 どうやら、M-Edge 製のカバーは、現時点では、残念ながら、日本には、出荷できないようです。

 そこで、わたしは、M-Edge 製のカバーはすっかりあきらめ、次の候補選びに入りました。

 結局、わたしが注文したのは、3番人気の Patagonia というカバーでした。

 Patagonia の特徴は、ひとことで言うと、見開きタイプと、すっぽり包むタイプの折衷されたタイプであるという点にあります。

 すなわち、ふだん持ち運びをするときは、ジッパーを閉めて、すっぽり包んでいますが、使用時には、カバーをつけたまま、ブックカバーのようにして、キンドル(Kindle)を見開きで読むことができる、というものです。

 もちろん、カバーから取り外して、キンドル(Kindle)本体を直に手に持って読むことも可能です。

 動画のカスタマーレビューがあったので、それが、とても参考になりました。

 ところで、日本の amazon.co.jp で買い物をするのに慣れていると、1500円以上なら送料は無料という感覚がしみついているため、キンドル(Kindle)のアクセサリも、本体が到着した後でゆっくり検討してから買えばいいと思いがちです。

 しかし、これは、送料と手数料の観点からすると、賢明な選択とはいえません。
 
 なぜなら、1500円以上なら送料は無料というのは、日本の amazon.co.jp のシステムであって、アメリカの amazon.com のシステムではないからです。

 amazon.com で注文すると、しっかり送料と手数料が取られます。

 わたしは、10月7日のキンドル(Kindle)日本発売開始のニュースを知ると同時に、ほぼ衝動買いに近い形でキンドル(Kindle)を注文してしまったこともあり、カバーは、本体と別々の注文になってしまいました。

 キンドル(Kindle)の発送前だったので、後からでも、まとめて発送する、という選択ができると思っていたのですが、カバーがすぐに注文の手続きに入ってしまうためか、まとめて発送という形にも出来ませんでした。

 送料と手数料は、ばかに出来ない額で、ちょっとした失敗をしてしまいました。

Shipping & Handling: JPY 1,944

 まとめると、注意点は、次の2点になります。

(1)M-Edge 製のカバーは、色もデザインも豊富で、いいものがそろっていますが、現時点では、日本には、出荷できないようです。

(2)カバーに限らず、アクセサリー類は、キンドル(Kindle)本体と同時に注文した方が、送料と手数料が無駄になりません。


後記

 先日、本体に先駆けて、はるばるアメリカより、Patagonia が届きました。

 箱を開けた第一声は、「小さい!」でした。

 キンドル(Kindle)は、思ったより小さいのですね。

 B5 くらいあるのかと思ったら、ひと回り小さい A5 サイズでした。

 これなら、持ち運びが楽にできそうです。

 本体がまだなのに、カバーだけ手許にあるのは、なんだか間の抜けた感じですが、先ほど Account にログインして確認したら、キンドル(Kindle)も、いよいよ配送手続き(Shipping Soon)に入ったもようです。

 19日発送で、21〜23日配送の予定です。

彼女はときどきフランス語と遊ぶ new










フランス語検定体験記 フランス語の学習日記
  フランス語の独学スタート   フランス語の学習法
  仏検3級・4級体験記   フランス語の例文暗記
  仏検2級体験記   フランス語の単語暗記
  仏検準1級体験記   フランス語の多読日記
  仏検1級体験記   フランス語の聞き取り・書き取り
  フランス語のよもやま話   フランス語の参考書レビュー
  フランス語の学習記録   全記事一覧
  Elle joue avec les Français de temps en temps.   キンドル(Kindle)とフランス語
  プロフィール   フランス語の参考書フランス語の参考書・問題集



30からのフランス語
彼女はときどきフランス語と遊ぶ

Feel free to link this site.

ブログパーツ