2009年10月26日

 キンドル(Kindle)とフランス語(12)
 仏英辞典を使用してみたレビュー



 キンドル(Kindle)で、仏英辞典(Merriam-Webster)を使用してみたレビューです。



1 Primary Dictionary に設定可能


 まず、最初に明確にしておきたいことは、Merriam-Webster's French-English Translation Dictionary は、まちがいなく primary dictionary に設定が可能である、ということです。

 amazon.com で最初にレビューをつけた人が、it cannot be selected as the primary dictionary とコメントしたこともあり、わたしも、ずいぶん混乱させられました。

 しかし、その後のレビューでも書かれているように、届いたばかりのわたしのキンドル(Kindle)でも、問題なく、Primary Dictionary に設定できることが確認できました。

 もう、安心してダウンロードして、大丈夫です。


2 Instant Lookup 機能も利用可能


 Merriam-Webster が、Primary Dictionary に設定できるということは、それは、とりもなおさず、仏英辞典でも、Instant Lookup 機能が使える、ということを意味します。

 Instant Lookup 機能とは、キンドル(Kindle)上で、たとえば、Le monde を読んでいる最中に、もし不明な単語があったら、十字キーを使って、カーソルをその単語の前に持ってくれば、画面下の小窓に、自動的に定義が英語で表示される、という機能です。

 わざわざ別の画面を開いて辞書を呼び出したり、スペルをいちいち入力したりする手間がないため、フランス語を多読していく上では、非常に重宝する機能です。

 Instant Lookup 機能のより詳細なレビューは、こちら
 

3 キンドル(Kindle)にフランス語を取り込む


 キンドル(Kindle)で、仏英辞典(Merriam-Webster)を試すには、まず、材料となるフランス語を、キンドル(Kindle)に取り込んでおく必要があります。

 もちろん、Le monde や、フランス語で書かれた小説のサンプルを、ダウンロードしてくれば十分に用は足せるのですが、それでは、あまりに味気ないので、ちょっと遊んでみることにしました。

 今回は、ふだんパソコンで利用している RFI(Radio France Internationale)の Le fait du jour からスクリプトをコピーしてきて、それを、USB を使ってパソコン経由で、自分のキンドル(Kindle)に送ってみることにしたのです。

 パソコン上での作業後、キンドル(Kindle)の Home にもどり、今しがた送ったばかりのファイルを開いてみました。

 すると、ちゃんと、Le fait du jour のスクリプトが表示されていました。

 アクサンなども、問題なく表示されています。

 さっそく、めぼしい単語の横に、カーソルを持っていくと、はたして、画面下の小窓に、意味がちゃんと英語で表示されました。

 ほっと、ひと安心です。

 注意しなければならないのは、このとき、Primary Dictionary は、仏英辞典(Merriam-Webster)に変更されていなければならない、という点です。

 では、さっそく詳しいレビューに入りましょう。


4 Merriam-Webster を実際に使ってみたレビュー


 たとえば、次のようなフランス語を題材にしてみましょう。

 先日行われた、日本の衆議院総選挙の記事です。

 Le séisme électoral attendu au Japon a bel et bien eu lieu.

 ここで、séisme という単語にカーソルを合わせてみると、画面下の小窓には、次のような表示がなされます。

 séisme nm : earthquake

 非常にシンプルです。該当する英単語がひとつ表示されているだけです。

 ここで、さらにエンターキーを押して、Merriam-Webster の該当ページに移ると、次のような表示がなされます。

 séisme[seism]nm
    : earthquake

 こちらも、シンプルです。増えたのは、発音記号だけで、例文などはありません。

 なお、発音記号は、われわれが慣れ親しんでいる国際音声記号なので、その点は、安心です。

 では、名詞だけでなく、他の品詞も試してみましょう。

 électoral、attendu、eu、lieu の順に続けてみます。

 内容は、いずれも、エンターキーを押して詳細表示させたものです。

 électoral, -rale[発音記号] adj,mpl -raux[発音記号]
    : electoral, election

 attendu 1, -due[発音記号] adj

    1 : expected
    2 : long-awaited

 attendu 2 prep

    1 : considering, given
      (attendu sa pauvreté,il s'habille bien
      : considering his proverty, he dresses well)
    2 attendu que : considering that, seeing that

  eu[発音記号]pp
       avoir

  lieu[発音記号]nm,pl lieux
    1 endroit : place
      (lieu de neissance : birthplace)
    2 au lieu de : instead of
    3 avoir lieu : to take place
      (le spectacle aura lieu ce soir :
      the show is tonight)
    4 avoir lieu de : to have grounds to, to have
        ever reason to
    5 en premier lieu : in the first place
    6 lieu commun : commonplace
    7 tenir lieu de : to serve as
    8 lieux nmpl : premises

 こうして見ると、説明は非常にシンプルですが、例文や熟語表現なども、ある程度は載っていることが分かりました。

 さらに、たとえば

 .., car il a englouti le Parti conservateur, qui ...

 などで、englouti の直前にカーソルを持っていき、さらに、エンターキーを押して、詳細表示させると、

 engloutir [発音記号]
   vt
   1 : to gobble up, to devour
   2 : to engulf, to swallow up
   3 : to squander

 と表示されるように、当然、活用した動詞も、ちゃんと識別してくれます。

 この点について、amazon.com のレビューワー(3人目)が、

  l'on effarouche son orgueil

 を調べたら、辞書には不定詞の effaroucher があるにも関わらず、effarouche が識別されなかったと書いています。

 その一方で、別のレビューワー(2人目)は、

  it recognizes various forms of verbs

 と書いています。

 ちなみに、今回、わたしが用意した le fait du jour の総選挙のスクリプトで調べた限りでは、活用された状態の動詞でも、ちゃんと不定詞が識別されました。

 はたして、真相は、どちらなのでしょう。

 もう少し、調査が必要なようです。 

 しかし、それとは別に、明確な問題点も、見つかりました。

 それは、次のようなフランス語の場合

 C'est la raison pour laquelle on parle de changement d'ére, de changement d'époque, ...

 ére や、époque にカーソルを合わせようとしても、前にある d のせいで、ére や、époque が識別されないという、ゆゆしき問題です。

 これだと、ére や、époque を調べるためには、いったん Home に行って Merriam-Webster を開き、そこで、スペルを入力して検索し、そして、再び本文に戻る、という手続きを踏まなくてはなりません。

 Instant Lookup 機能に慣れてしまうと、これは、なかなか面倒な作業です。

 本来は、電子辞書を取り出して、そこで、スペルを入力して調べていた、これまでのことを思えば、同じキンドル(Kindle)上における作業なので、ずいぶんと楽になっているはずなのですが・・・。

 
5 Merriam-Webster まとめ

 
Merriam-Webster's French-English Translation Dictionary は、Primary Dictionary に設定可能である。

・したがって、Instant Lookup 機能も使用できる。

・単語の説明は、非常にシンプルである。

・例文や熟語の解説がついているものもある。

・活用された動詞でも、不定詞は識別される。
(識別されない、と言うレビューワーも存在する)

・単語の前に、d' や l' がつくと識別されない。


6 waiting for something better


 仏英辞典は、キンドル(Kindle)でフランス語を読んでいく上での、インフラとなるものなので、現段階では、Merriam-Webster でがまんするにしても、いずれは、もっと詳しい仏和辞典が欲しいと思います。

 amazon.com のレビュー(3人目)にある

   I look forward to a better dictionary (I would pay a lot for a good one), but I will use this one in the mean time.

 というコメントは、今のわたしの心境を代弁しています。

彼女はときどきフランス語と遊ぶ new










フランス語検定体験記 フランス語の学習日記
  フランス語の独学スタート   フランス語の学習法
  仏検3級・4級体験記   フランス語の例文暗記
  仏検2級体験記   フランス語の単語暗記
  仏検準1級体験記   フランス語の多読日記
  仏検1級体験記   フランス語の聞き取り・書き取り
  フランス語のよもやま話   フランス語の参考書レビュー
  フランス語の学習記録   全記事一覧
  Elle joue avec les Français de temps en temps.   キンドル(Kindle)とフランス語
  プロフィール   フランス語の参考書フランス語の参考書・問題集



30からのフランス語
彼女はときどきフランス語と遊ぶ

Feel free to link this site.

ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。