2009年11月07日

 キンドル(Kindle)と洋書生活
 3週間目に突入



 キンドル(Kindle)での洋書生活も、3週間目に入りました。



1 キンドル(Kindle)と通勤電車


 通勤電車における、わたしの優先順位は、次の通りです。

  1位 仕事の段取りや下準備
  2位 休息
  3位 キンドル(Kindle)で読書
  4位 キンドル(Kindle)でショッピング

 やはり、1位と2位は、どうしても、仕事と休息に取られてしまいます。

 しかし、これは、裏を返せば、仕事も順調で、かつ、疲労もなければ、わたしは、電車の中で、常に、キンドル(Kindle)をいじっている、ということを意味します。

 携帯いりじなどは、完全に、ランク外です。

 しかも、フランス語のように、自分のつたないフランス語力でも「読める本」を読むのではなく、純粋に「読みたい本」を読んでいるため、勉強臭は、ゼロです。

 読むのが、おもしろくて、おもしろくてなりません。

 知的好奇心が、ビリビリ刺激されているのが、分かります。

 キンドル(Kindle)いじりも、9割は通常の読書ですが、残り1割は、アマゾンショップに接続しての、次に読む本探しです。

 これも、また楽しい息抜きです。

 キンドル・カバー(Patagonia)も、すっかり手になじんできました。

 買う前は、表面についているグリップが、なぜあんな形になっているのだろうと、不思議に思っていたのですが、使ってみると、なるほど、そういうことだったのか、と腑に落ちるのでした。

 キンドル(Kindle)を開いて読むとき、ちょうど、手の甲がグリップに入って、うまい具合に固定されるのです。

 ちなみに、電車の中などから、キンドル(Kindle)で、アマゾンショップやら、ウィキペディアやグーグルやらの 一般の WEB サイトに接続するのは、無料です。

 キンドル(Kindle)本体の購入後にかかるのは、本代と、バッテリー充電用のわずかな電気代のみです。

 本を購入する際の送料・手数料、および、通信費や月々の使用費などは、一切発生しません。

 とにかく、洋書が、安く速く手軽に利用できるようになった、というのが、キンドル(Kindle)を手にした、率直な感想です。


2 精読アプローチから、多読アプローチへ


 わたしの場合、洋書の読み始めは、どうしても精読アプローチになりがちです。

 つまり、語彙力を増強したいという欲が強めに出てしまい、辞書をこまめに引いたり、ハイライト機能を利用した単語リスト制作をしたりしてしまいがちです。

 しかし、大量かつ高速に英文を読み進めるうちに、次第に、多読アプローチに収束していく、というのが、いつものパターンです。

 辞書を引くのは、本当に必要最小限になり、重点は、語彙力増強ではなく、必要な情報をピックアップすることに移っていきます。

 今回も、順調に、このパターンで進んできており、3週間目に入った今は、辞書を引く回数は、めっきり減りました。 


3 英語脳へ

 
 キンドル(Kindle)を使い始めてから、まだ2冊目の洋書を読んでいる最中ですが、通勤電車内でのわずかな時間とはいえ、これだけ毎日、大量の英文を高速で読んでいると、自分が、どんどん英語脳になっていくのが、よく分かります。

 英語脳というのは、「フランス語脳になるために」という未完のままの一連の記事でわたしが書いたように、思考じたいが英語で行われるようになる、脳の一種のトランス状態をいいます。

 この状態になると、BBCやフランス24で英語ニュースを聞いても、ニュースの内容がかなり理解できるようになります。

 しかも、フランス語でニュースを聞くときのように、パソコン画面を注視し、音声に全神経を集中させなくても、日本語のラジオを聞くように、家事をしながらでも、ニュースの内容が、どんどん頭に入ってくるのです。

 この、聞こうとしないでも、内容が自然に頭に入ってくる、というのが、わたしが英語脳になっていると自分で感じるときの、最大の特徴です。

 と同時に、この英語脳の状況は、わたしの場合、多読をしなくなると、すぐに雲散霧消してしまうので、継続して多読をすることが、重要になってきます。

 やはり、「速く読めるようになれば、特に何もしなくても、自然に聞き取れるようになる」という、わたしの経験則は、間違いではないと、ふたたび意を強くしているところです。

 しかし、わたしはまだ、悲しいことに、フランス語で、このフランス語脳の状態になったことが、一度もないのでした。

 フランス語も、はやく多読せねば、と思います。 

 キンドル(Kindle)は、3週間目にして、もうすっかり、わたしの生活の一部になった感があります。

 ただ、まだフランス語には、うまく生かせていません。

 フランス語の多読にもキンドル(Kindle)を生かすこと、これが、今後のわたしの課題です。

彼女はときどきフランス語と遊ぶ new










フランス語検定体験記 フランス語の学習日記
  フランス語の独学スタート   フランス語の学習法
  仏検3級・4級体験記   フランス語の例文暗記
  仏検2級体験記   フランス語の単語暗記
  仏検準1級体験記   フランス語の多読日記
  仏検1級体験記   フランス語の聞き取り・書き取り
  フランス語のよもやま話   フランス語の参考書レビュー
  フランス語の学習記録   全記事一覧
  Elle joue avec les Français de temps en temps.   キンドル(Kindle)とフランス語
  プロフィール   フランス語の参考書フランス語の参考書・問題集



30からのフランス語
彼女はときどきフランス語と遊ぶ

Feel free to link this site.

ブログパーツ