2006年05月27日

フランス語検定試験に対するアプローチ(1)



 フランス語検定試験に対するアプローチの第1回です。


(1) 2つのアプローチ


 「実力確認型」と「試験対策型


 フランス語検定に限らず、およそ試験に対しては、大別すると、2つのアプローチがあると思います。

 1つは、試験に向けて、特別な準備をすることはせず、ふだん通りの学習を直前まで続けて、その成果をぶっつけ本場で試してみる、「実力確認型」のアプローチです。

 わたしは、英語については、ほぼ、このアプローチでやってきました。

 過去に受けた英検、TOEIC、TOEFLは、どれも、1度も、過去問や問題集を解くことなく、受験しています。

 もう1つは、過去問や、出題傾向に沿った問題集を中心に、試験のための準備に専念する、「試験対策型」のアプローチです。

 わたしの場合、フランス語については、どちらかというと、こちらのアプローチ色が強かったように思います。

 とくに、1回目の仏検2級受験は、「完全予想」一本だけで本番に臨みましたから、典型的な「試験対策型」のアプローチでした。


大人の塗り絵 フランスの風景編大人の塗り絵 フランスの風景編
河出書房新社編集部
河出書房新社 2005-10-08






彼女はときどきフランス語と遊ぶ new










フランス語検定体験記 フランス語の学習日記
  フランス語の独学スタート   フランス語の学習法
  仏検3級・4級体験記   フランス語の例文暗記
  仏検2級体験記   フランス語の単語暗記
  仏検準1級体験記   フランス語の多読日記
  仏検1級体験記   フランス語の聞き取り・書き取り
  フランス語のよもやま話   フランス語の参考書レビュー
  フランス語の学習記録   全記事一覧
  Elle joue avec les Français de temps en temps.   キンドル(Kindle)とフランス語
  プロフィール   フランス語の参考書フランス語の参考書・問題集



30からのフランス語
彼女はときどきフランス語と遊ぶ

Feel free to link this site.

ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。