2006年06月06日

 フランス語を始めたきっかけ



 フランス語を始めたのは、パリに旅行したことがきっかけでした。

 なぜ、行き先がパリになったのかというと、フランスに対して、なにか特別な思い入れがあったというわけではなく、たんなる気まぐれでした。

 そういえば、まだヨーロッパには1度も行ったことがなかったなあ、じゃあ、こんどはヨーロッパに行ってみよう。ヨーロッパなら、どこがいいかなあ。ヨーロッパなら、やっぱり、フランスだろう。フランスなら、どこかいいかなあ。フランスなら、やっぱり、パリだろう。よし、それじゃ、パリに行こう!

 そんな調子です。

ボンジュール!パリのまちボンジュール!パリのまち
伊藤 まさこ
集英社 2006-03



 そもそも、行き先がパリになって喜んでいたのは、むしろ、小学生のころから、凱旋門やエッフェル塔に憧れていたという、わたしの相棒で、どうせなら、英語圏の国で英語を使ってみたい、と考えていたわたしなどは、少々、残念に思っていたくらいでした。

 それでも、パリ行きを決めた2日後には、決心が鈍らないように、近くのJTBで申し込みを済ませ、その足で、本屋に向かい、そこで、初めて、パリのガイドブックを、購入したのでした。

 そんな具合ですから、その時点での、わたしのフランス語の知識は皆無といってよく、もし、行き先がローマだったら、今ごろ、イタリア語を勉強していたのかも知れません。

 パリ行きが決まった、2003年10月27日の夜、憧れていた凱旋門が見られることに感激した、わたしの相棒は、涙を流して喜びました。

 当時、わたしは、33歳でした。

エリコ・パリ・スタイルエリコ・パリ・スタイル
中村 江里子
マガジンハウス 2006-03-16






彼女はときどきフランス語と遊ぶ new










フランス語検定体験記 フランス語の学習日記
  フランス語の独学スタート   フランス語の学習法
  仏検3級・4級体験記   フランス語の例文暗記
  仏検2級体験記   フランス語の単語暗記
  仏検準1級体験記   フランス語の多読日記
  仏検1級体験記   フランス語の聞き取り・書き取り
  フランス語のよもやま話   フランス語の参考書レビュー
  フランス語の学習記録   全記事一覧
  Elle joue avec les Français de temps en temps.   キンドル(Kindle)とフランス語
  プロフィール   フランス語の参考書フランス語の参考書・問題集



30からのフランス語
彼女はときどきフランス語と遊ぶ

Feel free to link this site.

ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。