2006年07月02日

 仏検準1級体験記(1)



 小雨の降るなか、明治大学リバティタワー14階で、フランス語検定の準1級と2級をダブル受験してから、はやいもので、2週間が過ぎようとしています。


(1) 試験会場


 前年の11月に、青山学院大学で仏検2級を受験したときは、途中、道に迷ってしまい、通りがかったタクシーに飛び乗って、試験開始直前に教室にすべりこむ、という大失敗をしでかしていました。

 あのときは、席に着くのとほぼ同時くらいに、問題冊子の配布が開始されるというような状態で、わたし自身の肝も冷えましたが、周囲の方々も、さぞご迷惑だったことでしょう。

 しかし、今回は、明治大学です。お茶の水なら、三省堂、書泉グランデなど行きつけの本屋もありますし、学生時代には、駿台予備校にも通っていましたから、心配はいりません。

 試験会場のリバティータワーもすぐに分かりました。ビラ配りのフランス人は、1人しかおらず、あれ、ずいぶん少ないな、と思いながら、横を通り過ぎました。

 中に入ると、試験開始まで40分以上あったと思いますが、1階のエレベーター前は、すでに多くの受験者であふれかえっており、乗るまでに、何台かやり過ごさなければならないほどでした。

 エレベーターに乗ってからも、ほぼ各駅停車の状態で、最前列にいたわたしは、階に止るたびに、降りたり乗ったりをくり返さなければなりませんでした。

 あまりのすし詰め状態に、息を殺しながら、プレートを見上げて、シンドラー社製のエレベーターでないことを、思わず、目で確認してしまいました。


フランス語の参考書フレンチQ―フランス語初心者向け雑学クイズ

アートン




(2) 教室


 14階に着くと、教室は目の前でした。エスカレーターでも来られることを知り、次からは、エスカレーターで来ようと思いました。

 教室に入る前に、ちょっと探検をしてみると、さすがタワーだけあって、見晴らしは良好で、眼下に、小雨に煙る、灰色の神田の街が一望できました。

 教室は、100人以上収容可能な、かなりの大教室でした。おかげで、黒板に書かれた受験番号をたよりに、自分の席を見つけるのにも、思いのほか、手間取ってしまいました。

 わたしの席は、教室のいちばん端っこでした。心のどこかに、準1級という分不相応な級を受験しているという思いがあったので、端っこの席で、ちょっぴり安心しました。

 見回すと、大半は、学生とおぼしき若い女性たちでしたが、わたしと同じか、それより年配の方も、何人もいらして、力づけられました。


フランス語の参考書フランス語DVDでアン・ドゥ・トロワ!―DVD BOOK
藤田 裕二
朝日出版社



(3) 時間配分と解く順番


 午前中は、仏検準1級の試験です。

 問題冊子が配られてからは、試験時間を確認し、机に置いた腕時計を見ながら、解く順番と時間配分を、頭の中でシュミレーションしました。

 今回は、準1級向けの対策は、何一つ出来ませんでしたが、問題数や問題形式だけは、前夜、寝る前に、過去問集を開いて確認しておいたのです。

 教室で、わたしが立てた戦略は、こうでした。


 @ 解く順番


  8番(和文仏訳)
    ↓
  7番(要約)
    ↓
  6番(内容一致)
    ↓
  5番(読解穴うめ)
    ↓
  4番(動詞活用)
    ↓
  3番(前置詞)
    ↓
  2番(多義語)
    ↓
  1番(名詞化)


 A 時間配分(筆記試験は、1時間40分)


  8番から5番の読解問題(4題)に1時間。

  4番から1番の知識問題(4題)に30分。


フランス語の参考書1からはじめるフランス語作文
山田 博志 フランク ヴィラン
白水社




 8番のフランス語作文から解き始めるというのは、代々木ゼミナールの鬼塚先生に教わり、大学受験にも使った方法です。

 最初に、フランス語の作文をある程度練っておくと、後から読む問題文中に、作文で使える表現や単語を見つけられる可能性がある、というのが、そのメリットです。

 また、読解問題から知識問題へとさかのぼるのも、同じく、大学受験時はもちろん、仏検3級・4級のダブル受験時にも用いた方法です。

 残り時間をさほど気にかけなくてもよい前半で、考えれば点が取れる読解問題に、余裕を持って取り組むことができる、というのが、そのメリットです。

 知っているか知らないかが勝負の知識問題なら、時間が足りなくなってきた焦りの中で適当に答える羽目になっても、影響は小さいだろうと考えたのです。

 それに、知識問題を最初に解いて、知らない問題ばかりだった場合のスカスカ感を、考えればなんとかなる読解問題にまで引きずりたくなかったのです。

 このように、解く順番と時間配分を、何度か、頭の中でシュミレーションしているうちに、「試験を始めてください」というアナウンスがなされました。


フランス語の参考書フラ語ボキャブラ、単語王とはおこがましい!
清岡 智比古
白水社






彼女はときどきフランス語と遊ぶ new










フランス語検定体験記 フランス語の学習日記
  フランス語の独学スタート   フランス語の学習法
  仏検3級・4級体験記   フランス語の例文暗記
  仏検2級体験記   フランス語の単語暗記
  仏検準1級体験記   フランス語の多読日記
  仏検1級体験記   フランス語の聞き取り・書き取り
  フランス語のよもやま話   フランス語の参考書レビュー
  フランス語の学習記録   全記事一覧
  Elle joue avec les Français de temps en temps.   キンドル(Kindle)とフランス語
  プロフィール   フランス語の参考書フランス語の参考書・問題集



30からのフランス語
彼女はときどきフランス語と遊ぶ

Feel free to link this site.

ブログパーツ