2006年09月17日

 フランス語のペーパーバックの世界へ



 どうやら、わたしは、あれほど憧れていた、フランス語のペーパーバックの世界へ、今日、とうとう足を踏み入れることができたようです。


 フランス語のペーパーバックの世界へ


 フランスのノーベル文学賞作家アルベール・カミュが書いた「異邦人」をフランス語のまま読めるようになりたい、というのが、33歳でフランス語の独学を始めたわたしの、当初からの、大きな夢でした。

 パリ旅行に出かける5日前、偶然、近所の図書館で「L'Etranger」を見つけ、学びたてほやほやのフランス語力で、その冒頭の数行が読めたことに、ひどく感激したのは、2004年1月23日のことでした。

 その5日後に出かけたパリでは、帰国してからの学習の励みにしようと、本屋でいったんは「L'Etranger」を手に取るものの、いや、いくらなんでも、そこまでは行かないだろう、と購入を思いとどまるという経緯もありました。

 今でも、その時の、シャンゼリゼ大通りに面した Fnac の文庫本コーナーで、たくさんのフランス人に囲まれながら、どうせ無理だって、と本を置いた瞬間を、ありありと思い出すことが出来ます。

 それから2年9ヶ月が経った今日、わたしは、辞書を1度も使うことなく、たっぷり1時間半かけて、31ページほどある「L'Etranger」の第1章を、どうにか読みきることが出来ました。

 遺体安置所や、葬列のシーンなど、次々に詳細な記憶が蘇り、改めて、「異邦人」が、いかにわたしの若いころの愛読書であったかを痛感させられました。

 いずれにせよ、今日、自分が、ずっと憧れていた、フランス語のペーパーバックの世界の、少なくとも、入り口には立てた、という気がしています。


 過去の関連記事 順に読むと成長の過程が分かります。


 初めて「L'étranger」を手にした日
 初めて「グレイディッドリーダー」を読んだ日
 初めて「児童書」を読んだ日
 フランス語の多読を始めたころ



 
フランス語の多読教材Easy French Reader
R. De Roussy De Sales


「L'étranger」の前に読み込んだフランス語のリーダー



■ フランス語のグレイディッドリーダーを探す




彼女はときどきフランス語と遊ぶ new










フランス語検定体験記 フランス語の学習日記
  フランス語の独学スタート   フランス語の学習法
  仏検3級・4級体験記   フランス語の例文暗記
  仏検2級体験記   フランス語の単語暗記
  仏検準1級体験記   フランス語の多読日記
  仏検1級体験記   フランス語の聞き取り・書き取り
  フランス語のよもやま話   フランス語の参考書レビュー
  フランス語の学習記録   全記事一覧
  Elle joue avec les Français de temps en temps.   キンドル(Kindle)とフランス語
  プロフィール   フランス語の参考書フランス語の参考書・問題集



30からのフランス語
彼女はときどきフランス語と遊ぶ

Feel free to link this site.

ブログパーツ