2005年04月08日

発音の学習(子音)



 さて、母音の壁をクリアすれば、次は子音です。しかし、子音は英語と共通しているものがほとんどで、その習得にはずっと少ない労力と時間で済みました。

 そうはいっても、やはりrには苦労しました。わたしの場合、単語の最後にあるrはわりにすぐに発音できたのですが、単語の最初にあるrはなかなか出てきませんでした。

 たとえば、bonjour は言いやすいけれど、au revoir の最初のrは言いにくい。「やさしいフランス語の発音」であげられている8個の例のうちでは、croix は初めから発音しやすかったのに、regarder は、喉をいためる思いでした。

 さらに、rとlがそばにあったりすると、もうお手上げです。realite や relatif にいたっては、喉ばかりか舌もどうにかなりそうでした。

 ただ、これもくり返し練習するうち、いつのまにか自然に出るようになっていました。

 r の発音について、おもしろい説明が「ケータイ万能 フランス語文法」で紹介されているので、引用します。

 
「うがい」をしましょう。ただし、口に含んだ水を徐々に減らしていくイメージの「空のうがい」をするのです。すると喉から「ガッ・ゴッ・グッ」という痰を切るときのような音がしませんか。その音がフランス語のRの音です。


 そういえば、ちょうどそのころ、rだけを妙に強調したフランス語をしゃべる日本人男女のCMを見て、涙がこぼれるほど笑いころげた記憶があります。あのCMもういちど見たいものです。




彼女はときどきフランス語と遊ぶ new










フランス語検定体験記 フランス語の学習日記
  フランス語の独学スタート   フランス語の学習法
  仏検3級・4級体験記   フランス語の例文暗記
  仏検2級体験記   フランス語の単語暗記
  仏検準1級体験記   フランス語の多読日記
  仏検1級体験記   フランス語の聞き取り・書き取り
  フランス語のよもやま話   フランス語の参考書レビュー
  フランス語の学習記録   全記事一覧
  Elle joue avec les Français de temps en temps.   キンドル(Kindle)とフランス語
  プロフィール   フランス語の参考書フランス語の参考書・問題集



30からのフランス語
彼女はときどきフランス語と遊ぶ

Feel free to link this site.

ブログパーツ