2005年04月09日

発音の学習(発音とつづり)



 母音子音を勉強しただけの、現段階でも、発音記号さえあれば、その単語を発音できるようになりました。たどたどしい自分の発音がちょっぴりフランス語風なのに気づいてうれしくなったのを覚えています。しかし、この段階では、まだ発音記号がないと読めないのです。

 そこで次は、「つづりと発音の関係」を勉強するわけです。この関係を勉強すると、知らない単語でも発音のしかたがほぼ分かるようになります。つまり、ルモンド紙でも意味の分からぬまま音読することができるというわけです。

 フランス語は英語とちがってつづりと発音の関係が規則的なので、慣れれば覚えやすいと言われています。わたしも当初は、フランス語のポケット辞書などに発音記号が書かれていないのが不思議でしたが、今では英語のつづりと発音の関係の不規則性のほうに不満を覚えます。

 そうはいっても、このころは、その規則を覚えるのに苦労しました。いちど頭で理解したつもりでも、単語を目にしたときにさっと読むことはなかなかできませんでした。

 この時期になると、これまでたいへんお世話になった「やさしいフランス語の発音」はあまり使うことがなくなりました。

 むしろ「フランス語のABC」で勉強することが多くなりました。こちらのほうが、簡略にまとまっているうえに、練習問題があったためです。やはり問題を解いた方が、定着は早いようです。

 いままでは「フランス語のABC」を読んでいても、単語や文章が正確に読めないので、どうもすっきりしませんでした。どうやら、いったん記憶してしまうと修正が困難なので、覚えるなら正確に覚えろ、という指令が脳から出ていたようなのです。

 ところが、規則性がそこそこ定着してくると、知らない単語でも読めるようになるので、自分がとても上達したような気分になるだけでなく、学習効率も飛躍的に向上するので、新しい教材が欲しいという欲求をおさえるのがたいへんでした。

 TALK NOW!で金賞がとれるようになったのもこの時期でした。




彼女はときどきフランス語と遊ぶ new










フランス語検定体験記 フランス語の学習日記
  フランス語の独学スタート   フランス語の学習法
  仏検3級・4級体験記   フランス語の例文暗記
  仏検2級体験記   フランス語の単語暗記
  仏検準1級体験記   フランス語の多読日記
  仏検1級体験記   フランス語の聞き取り・書き取り
  フランス語のよもやま話   フランス語の参考書レビュー
  フランス語の学習記録   全記事一覧
  Elle joue avec les Français de temps en temps.   キンドル(Kindle)とフランス語
  プロフィール   フランス語の参考書フランス語の参考書・問題集



30からのフランス語
彼女はときどきフランス語と遊ぶ

Feel free to link this site.

ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。