2007年09月12日

 フランス語文法の疑問
 celui-là が前者、celui-ci が後者となるのはなぜ?



 フランス語の勉強をしていて、目からうろこの発見がありました。 

 先日、湯船の中で、半身浴をしながら解いた「傾向と対策準1級」のフランス語の中に、次のような文章がありました。

 話の大筋は、フランス人の80%がカトリックではあるが、教えを文字通りに受け取らない者も増加するなど、信仰の質が大きな変化を遂げている、という内容です。

 注目していただきたいのは、2文目冒頭の Ceux-ci が何を指しているかです。

 Ces 80% de catholiques sont,en effet beaucoup plus des catholiques culturels que des pratiquantes réguliers.

 Ceux-ci ne sont plus qu'environ 12% et leur foi ou leur respect du dogme sont souvent très différents de ce qu'ils étaient chez les générations précédentes.



 フランス語ライブ教室―「発信」できるフランス文法参考書



 わたしは、この文章を読んでいて、この Ceux-ci という指示代名詞にぶつかったとき、それが何を指すかが、すぐには分かりませんでした。

 もちろん、1文目の que を挟んで比較されている des catholiques culturels か des pratiquantes réguliers のどちらかを指していることは、分かります。

 しかし、どちらを指しているのかが、分からなかったのです。

 なぜわたしが迷ったかというと、次のような考え方をしたからです。



 精選問題フランス文法力だめし



 わたしは、Ceux-ci の -ci に注目して、-ci が「こちら」で、-là が「あちら」なのだから、最初に出てきた方が、-ci が指すものだろう、と考えたのです。

 ですから、この場合、Ceux-ci は、最初に出てきた des catholiques culturels を指すことになります。

 しかし、そうやって読んでみると、これまでの文の流れと、どうも話がうまくつながらないのです。

 わたしは、明晰さが売りのフランス語なのに、どうして指示語が何を指すかが、すぐに分かるようになっていないだろう、おかしいじゃないか、と不満にさえ思ったのです。

 とはいえ、そのとき、わたしは、お風呂の中にいたので、手元に辞書も参考書もありませんでしたし、そもそも力試しとして解いていたので、その場はいったん保留にして、先に進んだのでした。



解説がくわしいフランス文法問題集



 さて、おそらく、ご存知の方は、なぜそんなことに迷っているんだ、一目瞭然じゃないか、とお思いのことでしょう。

 そうなのです。

 わたしは、それまでまったく知らなかったのですが、もしや、と思って、お風呂を出てから、ケータイを取り出して調べてみたところ、ちゃんと233ページに説明があったのです。

 わたしは、そっか、そういうことだったんだ、とすっかり感動してしまいました。

 以下は、ケータイからの抜粋です。



 フランス語の基本構文集



 celui-là が前者、celui-ci が後者となるのは何故?

 「この、あの、その」の意味を持つ指示代名詞で遠近をはっきりあらわすためには -ci/-là の形を使いました。

 ce livre-ci この本(近い)
 ce livre-là あの本(遠い)

 この理屈を前者・後者に用いるわけです。

 Voilà A et B. Celui-ci(= B) est plus petit que celui-là(= A).

 なぜなら、前の文章に対して「近い位置にある方」= B = Celui-ci となり、「遠い位置にある方」= A = celui-là となります。

 Bが後者、Aが前者と訳される理屈です。



 文法から学べるフランス語



 以上が、ケータイの233頁の説明です。

 つまり、わたしが考えたように、最初に出てきたか、後に出てきたかで判断するのは、間違いだったわけです。

 そうではなく、指示代名詞を基準に、そこから近いか遠いかで判断するというのが、正しい考え方だったのです。

 これには、目からうろこでした。

 やはり、Ce qui n'est pas clair n'est pas français. は、本当でした。

 それにしても、わたしは、一体いつになったら、ケータイに載っているフランス語の文法事項が、ちゃんと身につくのでしょう?

 こんなに小さな本なのに・・・。



 アトゥ(Atout)―仏検3級・2級レベル中級文法の決め手
アトゥ(Atout)―仏検3級・2級レベル中級文法の決め手




関連記事

フランス語の「単純過去」
フランス語の男性名詞・女性名詞(1)
フランス語の男性名詞・女性名詞(2)
「ケータイ<万能>フランス語文法」のレビュー

彼女はときどきフランス語と遊ぶ new










フランス語検定体験記 フランス語の学習日記
  フランス語の独学スタート   フランス語の学習法
  仏検3級・4級体験記   フランス語の例文暗記
  仏検2級体験記   フランス語の単語暗記
  仏検準1級体験記   フランス語の多読日記
  仏検1級体験記   フランス語の聞き取り・書き取り
  フランス語のよもやま話   フランス語の参考書レビュー
  フランス語の学習記録   全記事一覧
  Elle joue avec les Français de temps en temps.   キンドル(Kindle)とフランス語
  プロフィール   フランス語の参考書フランス語の参考書・問題集



30からのフランス語
彼女はときどきフランス語と遊ぶ

Feel free to link this site.

ブログパーツ