2005年08月29日

歌で覚えるフランス語2



 パリに旅行することが決まった数ヶ月まえ、軽い気持ちで始めたフランス語。ところが、初めて買った教材「TALK NOW!」に夢中になってしまった結果、じっさいに旅行するころには、帰ったら本格的にフランス語をやるぞ、と息巻くほど、すっかりフランス語に目覚めてしまいました。

 そのため、日本に帰ってからの学習をにらみ、オペラ座の裏にある、パリ最大のデパート、ギャルリー・ラファイエットの地下にある書籍売り場では、レジの女性がおどろきのジェスチャーを送ってよこすほど、ここぞとばかりに、児童書を中心としたフランス語の本を買い込んできました。

 そのなかに、子供向けの歌ばかりを集めた「Petites chansons de tous les jours」があります。日本に帰ったら、歌でフランス語に慣れよう、ともくろんだのです。

 このCDブックには、フランスの伝統的な童謡が、音符と歌詞、それに、かわいらしい挿絵とともに、66曲ほど収録されています。CDに納められているのは、そのうちの30曲だけで、残りは音符と歌詞と挿絵だけとなっています。


   ン.JPG


 ひとつひとつの曲が、ほんの数十秒くらいと短く、また、語呂がよいものが多いので、わりにすんなり口になじみます。

 いまも暗記を続けている「仏検準1級・2級必須単語集」の場合、ひとつの例文を覚えるのに2週間くらいかかりますが、「Petites Chansons」なら「リオ」に入れて、行きと帰りの電車のなかで聴いておけば、家に着くころには、口ずさめるようになっています。

 ただ、あくまで、園児や小学校低学年の子供たちが、先生のピアノに合わせて、みんなで元気よく声をそろえて歌っているような曲ばかりなので、大人が聴いて純粋に楽しめるかというと、そうとは言いにくいかも知れません。

 わたしも66曲すべてに耳を通しましたが、気に入って覚えようという気にさせられたのは、ほんの数曲でしたから。

 それにしても、あたりまえなのことなのですが、CDから流れる子供たちのフランス語の発音のよさには、舌を巻きます。

 ところで、この「Petites chansons」を購入したラファイエットには、パリ松坂屋が入っていて、何度か足を運んだこともあるのですが、この8月いっぱいで閉店ということで、さみしい限りです。

(参考)

 「ギャルリー・ラファイエット
 「パリ松坂屋
 「松坂屋、パリ店を閉鎖・海外撤退が完了


  Petites chansons de tous les jours (1 livre + 1 CD audio)




彼女はときどきフランス語と遊ぶ new










フランス語検定体験記 フランス語の学習日記
  フランス語の独学スタート   フランス語の学習法
  仏検3級・4級体験記   フランス語の例文暗記
  仏検2級体験記   フランス語の単語暗記
  仏検準1級体験記   フランス語の多読日記
  仏検1級体験記   フランス語の聞き取り・書き取り
  フランス語のよもやま話   フランス語の参考書レビュー
  フランス語の学習記録   全記事一覧
  Elle joue avec les Français de temps en temps.   キンドル(Kindle)とフランス語
  プロフィール   フランス語の参考書フランス語の参考書・問題集



30からのフランス語
彼女はときどきフランス語と遊ぶ

Feel free to link this site.

ブログパーツ