2005年10月05日

「星の王子さま」を英語とフランス語で読む?



 英語版の「星の王子さま」を読み終えました。

 「The Little Prince」は、数ページごとに挿絵が入るうえに、全体でも100ページあるかないかで、寝る前や半身浴をする、ちょっとした合間を利用するだけでも、数日あれば読み終えることのできる、手ごろな分量でした。

 ときおり、tippler や ermine など、それまで目にしたことのない単語にぶつかることもありましたが、全体の語彙レベルは、せいぜいセンター試験くらいで、1つ1つの文章は短く、構文も非常にシンプルでした。

 なにより、各章がほんの数ページずつしかないというのが、読みやすさに拍車をかけています。ぜんぶで27章ほどあるのですが、このように細分化されていると、いつでもキリのいいところでやめられるので、寝る前のほんの5分、10分でも、読もうという気にさせられました。

 かつて読んだロアルド・ダールの「Charlie and the Chocolate Factory」や「Matilda」といった定番の児童書と比べても、読みやすい部類に入ると思います。

 「What is essential is invisible to the eye」という有名な一節が出てきたときは、ちょっぴりうれしかったです。


   The Little Prince    Charlie and the Chocolate Factory (Puffin Novels)    Matilda (Puffin Novels)


 読み始めのうちこそ、子供は純粋で大人は不純という、あまりにステレオタイプな図式に、あやうく途中で本を閉じかけそうになりましたが、後半になるにつれ、とくに蛇やきつねが登場するあたりから、急速におもしろくなり始め、あとは、結末までぐいぐいと引き込まれてゆきました。

 浴槽のなかで読み終わり、最初にわたしが発した一言は、なるほどねえ、でした。

 なぜ「星の王子さま」が単なる児童書の域を超えて、これほどまでに世界中の人々に読みつがれているのか、納得できるような気がしたのです。

 おそらくこれだけ人気があるのは、読んでいる最中に、蛇やバラは何を象徴するのだろう、きつねの語るメッセージとは何だろう、と読み解くおもしろさがあるからなのではないでしょうか。

 これは「Charlie and the Chocolate Factory」や「Matilda」では味わえない感覚です。児童書というより、むしろ、大人が読むものなのかも知れません。「大人のための残酷童話」の倉橋由美子さんが翻訳されているのも、うなずけます。

 もういちど読み直したい、とまでは思えませんでしたが、深みのある本ではあることは、たしかです。


   Le Petit Prince    新訳 星の王子さま    大人のための残酷童話   


 さて、肝心な話は、ここからです。

 当初の目論みどおり、英語版の「The Little Prince」を読み終えてすぐ、原書の「Le Petit Prince」の方を開いてみました。

 効果は抜群です。

 もちろん、依然として、知らないフランス語の単語は山ほどあります。しかし、どのページのどの箇所を開いても、その文が何を言っているのかが分かります。

 といっても、フランス語力で分かるというより、読み終えたばかりだから分かるといった方が実情に近いでしょう。

 つまり、いまだ新鮮な記憶と、もとからの英語とフランス語の構文上の近似性が、未知の単語の類推を助けてくれている、ということになると思います。

 読み終えてすぐに試したのだから、当然といえば、当然の結果といえます。しかし、英訳を読む直前まで抱いていた、原書に対する、ある種の近寄りがたさは、吹き飛んだ感があります。

 あらかじめ英訳を読んでおくのとおかないとでは、原書の読みやすさに、天と地ほどの差がでると、肌で感じることができました。


   Master of the Game    The Sky Is Falling    The Umbrella Man: And Other Stories


 ところで、こうして、 Dual-Language Book 方式のある程度の効果は確認できましたが、他方で、限界にも気づかされる結果となりました。

 それは、いちど読んだ「星の王子さま」を、たとえそれが今度はフランス語の原書であるにせよ、もういちど頭から読み直す気には、とてもなれない、ということです。

 つまり、Dual-Language Book 方式には、再読に耐えうるだけの、よほど気に入った本を選ばないと、勉強色が強くなり過ぎて続かないという、心理的な負の側面が存在するのです。

 かつて、英語力をつけようと、ロアルド・ダールやらシドニーシェルダンやら、日本語でならまず読むことのないであろうタイプの本を、ただ読みやすいという理由だけで、多読の素材にしていたころ、始めのうちこそ、英語で読める喜びが牽引してくれるのですが、あっという間に知的好奇心が枯れて、読む気が薄れてしまう、という経験をしましたが、今回も根っこは同じようです。

 結局、Dual-Language Book 方式は、勉強としての効果は期待できるけれど、読書本来の喜びは期待できないということになりそうです。

 ただ、もしかしたら、フランス語の原書を先に読んで、あとから英訳で確認するという使い方をするか、あるいは、分からないところだけ英訳を参照するという使い方をすれば、この点は解消できるのかも知れません。

 わたしが今回やったような、別々の本を使った、お手製 Dual-Language Book だと、そのような使い方は、とても面倒くさくて、する気になれませんが、「French Stories/Contes Francais」や「Selected Fables = Fables Choisies」のような本物の Dual-Language Book なら、見開きで左がフランス語、右が英語という形式になっているので、そういった使い方も容易にできることでしょう。


   L'Etranger (Collection Folio, 2)    French Stories/Contes Francais: A Dual-Language Book (Dual-Language Books)    Selected Fables = Fables Choisies: A Dual-Language Book (Dual-Language Book)  


 いずれにせよ、今回の実験で、いまのところ一番の目標である「L'Etranger」を読むときは、英訳を先に読むことは絶対にせず、初めからフランス語で挑戦しようと思いました。多少は苦労しても、原書を読む喜びをそのまま生で味わいたいですからね。

 
L'essentiel est invisible pour les yeux.


(参考記事)

 「星の王子さま」を英語とフランス語で読む?
 外国語を学ぶ喜び 




彼女はときどきフランス語と遊ぶ new












この記事へのコメント



◎ langcoach*** さんのコメント
2005年10月07日



フランス留学中にCD付の星の王子さまを購入するも、なんと途中でくじけてしまい、ずっと結末は知らないままでした。帰国後ボイストレーニングを受けている時に、たまたま先生が星の王子さまの日本語版を音読してみて!ということになり、(なんでも星の王子さまは音楽療法などにも使われているそうです)すっかりストーリに引き込まれ、数週かけてラストまで完読しました。その後、先生から英語版をプレゼントされて、少し読み始めたのですが、進まず。
ちなみにL'Etrangerはフランスで文学の授業の課題図書でした。こちらも授業では一部しかやらなかったので、ぜひ読破したいものです。






◎ moitie さんのコメント
2005年10月07日



langcoach さん、はじめまして!コメントありがとうございました。いま langcoach さんのブログから帰ってきたところです。ハンドルネームの意味が、たったいま分かりました。語学コーチとは初めて耳にする言葉で、たいへん興味をもってブログを拝見しました。短期間で一気に駆け上がらなければいけない、というのは、自身も感じていたことなので、非常にためになりました。それにしても、わたしも語学好きを自認していましたが、6ヶ国語同時挑戦とは、恐れ入りました。また勉強しにうかがいたいと思います。







フランス語検定体験記 フランス語の学習日記
  フランス語の独学スタート   フランス語の学習法
  仏検3級・4級体験記   フランス語の例文暗記
  仏検2級体験記   フランス語の単語暗記
  仏検準1級体験記   フランス語の多読日記
  仏検1級体験記   フランス語の聞き取り・書き取り
  フランス語のよもやま話   フランス語の参考書レビュー
  フランス語の学習記録   全記事一覧
  Elle joue avec les Français de temps en temps.   キンドル(Kindle)とフランス語
  プロフィール   フランス語の参考書フランス語の参考書・問題集



30からのフランス語
彼女はときどきフランス語と遊ぶ

Feel free to link this site.

ブログパーツ