2008年04月21日

 日常生活で出会うフランス語(シャノアール編)



 33歳でフランス語の独学を始めてからというもの、街で、ちょっとしたフランス語を見かけると、わたしは、それだけで、なんだか、とても幸せな気分になってしまいます。

 あれはたしか、まだ「新リュミエール」でフランス語の文法を始める前のことでした。

 そのころ、わたしは、3ヵ月後に控えたパリ旅行に備えて、「やさしいフランス語の発音」という発音に特化した教材で、フランス語の発音をイチから勉強していました。

 発音とつづり字の関係がだいたい分かるようになってからは、今度は、「ラピッド単語暗記帳」という、単語を耳で聞いて覚える一風変わったCD教材を使って、旅行先で使えそうな単語だけをピックアップして、リオに入れてせっせと覚えていたのでした。

 相棒と、花の都パリの街角を闊歩する自分の姿を想像しながら・・・。



 やさしいフランス語の発音―CDとイラストで楽しく学ぶ



 そんなある日のこと。

 近所のスーパーだか、図書館だかからの帰り道だったと思います。

 いつもの交差点で、信号を待ちながら、ふと、すぐ脇にある喫茶店の看板を目にした瞬間でした。

 あれ、これって、もしかして、フランス語ではなかろうか、と急にひらめいたのです。



 フランス語の綴りの読みかた―正しい発音の出発点



 そこには、大きくカタカナで、シャノアールと書かれていました。

 あれ、ノワールって、たしか、フランス語で、黒っていう意味じゃなかったっけ。

 ということは、シャとノアールの2つの単語で出来ているということだな。

 シャ・・・

 どこかで聞いたことのある響きだな。

 あ、ルシャオーズュードール。

 金色の眼の猫でよく耳にする単語だ。

 うーん、ということは、シャは、猫か。

 chat noir・・・

 あッ、黒猫か!!



 フランス語聴くだけのラピッド暗記単語帳 基礎編[CD]



 それまで何度となく目にしていた看板でしたが、まさかフランス語だったとは。

 なにせ、avoir の活用も知らず、形容詞が名詞の後ろから修飾することすら新鮮に感じていた、フランス語学びたてほやほやの時代の話です。

 このときの感動といったら、ありませんでした。

 わたしは、家に帰ると、すぐに相棒に、あそこのさ、シャノアールって喫茶店あるじゃない、あれね、フランス語で黒猫という意味なんだよ、さっき気がついたんだ、と息も切れ切れに報告したのでした。

 おそらく、この「シャノアール事件」こそ、わたしが、参考書の中ではなく、日常生活の中で出会った、最初のフランス語だったのではないでしょうか。

 なつかしい思い出です。

日常生活で出会うフランス語(ヴィドフランス編)
図書館で出会ったフランス語(外国語を学ぶ喜び)

彼女はときどきフランス語と遊ぶ new










フランス語検定体験記 フランス語の学習日記
  フランス語の独学スタート   フランス語の学習法
  仏検3級・4級体験記   フランス語の例文暗記
  仏検2級体験記   フランス語の単語暗記
  仏検準1級体験記   フランス語の多読日記
  仏検1級体験記   フランス語の聞き取り・書き取り
  フランス語のよもやま話   フランス語の参考書レビュー
  フランス語の学習記録   全記事一覧
  Elle joue avec les Français de temps en temps.   キンドル(Kindle)とフランス語
  プロフィール   フランス語の参考書フランス語の参考書・問題集



30からのフランス語
彼女はときどきフランス語と遊ぶ

Feel free to link this site.

ブログパーツ