2008年05月02日

 ジェロとパックンとフランス語



 ちょっと前になりますが、日本テレビの「おしゃれイズム」という番組に、黒人演歌歌手のジェロが登場したことがありました。

 ジェロさんは、お祖母さんが日本人ということで、見事な日本語をお話になります。

 わたしは、どうやったら、そんな風に流暢な外国語(この場合は、日本語)がしゃべれるようになるのだろうと、感心しながら、見ていました。

 すると、たしか、夢は英語と日本語のどちらで見るのか、という話の流れだったかと思います。

 その中で、なかなか興味深い発言がありました。

 それは、最近、日本語ばかりしゃべっているので、英語がぱっと出てこない、というものでした。

 にわかには、信じがたい話です。

 しかし、かつて、これと似たような内容を、パックンが話しているのを聞いたことがあります。

 たしか、NHKの「英語でしゃべらナイト」という番組の中だったと思います。

 あるゲスト出演者が、パックンに次のような問いかけをした時の話です。

 「それだけ日本語が流暢にしゃべれると、普通は、英語はもっとおかしくなってくるはずなんだけれど、君はどうして、いつまでたっても、英語がそんなにまともなんだい?」

 記憶を頼りに再現しているので、正確ではありませんが、だいたいはこんな内容だったと思います。

 それに対し、パックンは、次のように答えていました。

 パックンによると、確かに、ずっと日本語で生活していると、英語の力、とくに、イントネーションが、だんだんおかしくなってくるのだそうです。

 そのため、パックンは、この英語番組出演が決まってからは、この番組のためにシャドーウィングをしている、と内幕を明かしてくれました。

 とにかく、そうでもしないと、英語独特のリズムやイントネーションが維持できなくなってしまうのだそうです。

 わたしは、その話を聞いて、母国語の危うさというか、頼りなさに、驚いてしまいました。

 母国語って、その程度のものなんだ・・・と。

 いずれにせよ、パックンにせよ、先ほどのジェロにせよ、ずっと日本語で生活していると、英語がおかしくなってくる、という点で共通した認識を持っていることは、たしかです。

 これは、フランス語を学んでいるわたしにも、とても興味深いことに思えました。

 なぜなら、母国語でさえ、そうなのだとしたら、いわんや、外国語をや、だからです。

 そういえば、帰国子女の友人も、すぐに感覚が鈍ってしゃべれなくなってしまう、とよくこぼしていましたっけ。

 たしかに、わたしの場合も、同じRFIを聞いていても、継続して聞いていた時と、数週間ぶりに再開した時では、聞こえ方に明らかな差があります。

 耳が慣れている時だと、1度聞いただけで、全体として何を言っているかがおおよそ理解できるレベル7まで到達する時がありますが、ちょっと聞かないでいると、すぐにレベル2や3に逆戻りしてしまいます。

 やはり、フランス語も、毎日、少しでもいいから、触れていないと、一定の水準を維持できないのだ、としみじみ痛感させられる瞬間です。

 それにしても、わたしも、1度でいいから、ここのところずっとフランス語ばかり使っていたから、最近なんだか、日本語が怪しくなってきちゃった、などと嘆いてみたいものです。

彼女はときどきフランス語と遊ぶ new










フランス語検定体験記 フランス語の学習日記
  フランス語の独学スタート   フランス語の学習法
  仏検3級・4級体験記   フランス語の例文暗記
  仏検2級体験記   フランス語の単語暗記
  仏検準1級体験記   フランス語の多読日記
  仏検1級体験記   フランス語の聞き取り・書き取り
  フランス語のよもやま話   フランス語の参考書レビュー
  フランス語の学習記録   全記事一覧
  Elle joue avec les Français de temps en temps.   キンドル(Kindle)とフランス語
  プロフィール   フランス語の参考書フランス語の参考書・問題集



30からのフランス語
彼女はときどきフランス語と遊ぶ

Feel free to link this site.

ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。